建物が老朽化したり、機能がニーズに合わなくなったら建て替える。という「スクラップ&ビルド」の時代から、近年では、建物を修繕・改修し必要な機能を加えながら末永く使用していく「ストック&メンテナンス」の時代へと変わってきました。

 そして、その考え方のひとつに「予防保全」という考え方があります。
異常が発生した時に修繕を行なう「事後保全」に対し、定期的な点検や長期修繕計画により、劣化の予兆を予測して修繕する「予防保全」を行なうことは、建物を末永く使用していくことができるだけでなく、建物の生涯にわたる維持管理コストの低減につながります。

【事後保全】
事後保全

修繕費用・修繕期間

【予防保全】
予防保全

 私たちグン企画設計では、管理会社や施工会社とは一線を画した立場でのサポートを心がけ、お客様のマンションに適した維持保全をご提案します。

そして、将来への不安を解消し

「マンション生活の維持・向上」

を目指します。

修繕・改修工事によって美観や機能が向上したとしても、その状態を維持していかなければ意味がありません。
そのためにも、修繕・改修箇所及び新たな不具合が発生していないかどうか、当社の工事監理担当者が継続的に点検します!



点検により不具合が早期発見されたとしても、それをそのままの状態にしていたら症状は日々悪化してしまいます。


早期発見・早期治療のためには、当社の専門家による詳細な調査を行ない修繕が必要かどうか診断する必要があります!



過去の修繕・改修経歴を考慮し、今後いつどのような修繕が必要となるのか、長期的な修繕計画を策定します。


そして、その計画に基づき、将来的に必要な修繕費用を算出し、計画的な修繕が実施出来るようサポートします!



調査結果から「早急な修繕が必要」と診断された場合は、直ちに補修工事を実施します。
それ以外の場合は、部分的な補修工事を実施するのか、次回の大規模修繕時に実施するのか、お客様とご相談の上で検討・実施します!



この管理費は適正なの?
ペットを飼えるようにしたいんだけどどうすれば良いの?
駐車場を増やしたい! etc.
そんな日々のマンション管理や運営方法などに関する疑問や不安を、当社のマンション管理士が解消します!